注目の投稿

新型コロナウイルス感染拡大に伴う今後の対応について(9月12日更新)

新型コロナウイルスの感染拡大、ならびに栃木県への緊急事態宣言発出に伴い、8月20日(金)より当面の期間、当社務所におきましては、一般の参拝客のみなさまに対しまして次のような対応をいたします。 ※9月13日(月)より、一部内容を変更いたします。 (1)通年お受けいただくことのできる...

2022年4月3日日曜日

講話「古事記のこころ」を開催いたしました

 去る3月29(日)、群馬県・渋川八幡宮宮司の小野善一郎先生をお招きし、『古事記のこころ』というテーマでご講話をいただきました


講師の小野先生は、20代から政治家を志し、議員秘書をしておられましたが、激務による過労から、33歳で大病を患いました。

その養生の中、本気で神道を学ばれたそうです。

そして、東京・上野の湯島天満宮の権禰宜(ごんねぎ)を経て、現在に至ります。


小野先生のお話は終始一貫しています。

若い頃に出会い、生涯の師とされた近藤啓吾先生から学んで来られた、

「我が心に心神を立てる」

このことを伝えておられます。


眼前の世界は、全て自分が創り出していることを『古事記』神代の巻から話されます。

悪口・傲慢・嫉妬・不平・不満・優越感などの異心(ことごころ)によって、本来私たちの中に在る「心神」を覆ってしまうというのです。

ですから、常に自分の中に生まれる異心に気づいて、祓う必要があります。


「大祓詞(おおはらえのことば)」こそ、異心を祓う基本で、最も大切な祝詞(のりと)だとおっしゃいます。


このようなお話を、小野先生は身体全体で熱く話されます。

とても難しい内容ですが、今回の講話に参加された皆さんは、「心神を立てる」とはどういうことか、それぞれに考えられたのではないでしょうか。

また、日本という国に生まれたことへ感謝の念がわいたのではないでしょうか。


講話が終わったときには、会場にいる皆さんの顔が上気して、

「素晴らしいお話しを聞けてよかったです。」

と何人もの方に言っていただきました。

主催者としてとても嬉しく思いました。


小野先生は、コロナ禍以前は年間1000回もの講演をしておられたそうですが、

令和元年の秋、東京で、私も初めて小野先生の講話を拝聴しました。

その際、ご挨拶をかねて、私も神主であることをお伝えすると、

「あなたもお宮で読書会をしてみてください」

と言っていただきました。

そこで、その年の12月より、小野先生のご著書である『古事記のこころ』の読書会を八雲神社ではじめました。

途中、コロナ禍に見舞われながらも、昨年12月に全16回の読書会を終えることができました。


その読書会に参加された方々か、小野先生のお話を直接聞いてみたいとのお声があり、そのご要望を受けて、今回の講話が実現したというわけです。


私が初めて小野先生のお話を伺った時の衝撃、今回ご参加くださった皆さんと共有できたとしたら、嬉しいです。


小野先生

ありがとうございます。

ご参加くださった皆さん

ありがとうございます。


小野先生のお話をお聞きし、八雲神社でも大祓詞を皆さんにお伝えする活動を積極的に行なっていきたいと思っております。

今後ご案内しますので、よろしくお願いいたします。


権禰宜(照)



0 件のコメント: