注目の投稿

新型コロナウィルス感染拡大に伴う当社の対応について(5月18日更新)

政府による「緊急事態宣言」の解除を受け、5月15日、栃木県によるすべての自粛要請が解除されました。 これを受けまして、当社における一般の参拝客のみなさまに対する対応を次のように変更いたします。(変更部分は 下線 で示しております。) (1)通年お受けいただくことのできる御...

2018年8月25日土曜日

地蔵盆

毎年8月23日に行われる、仲町、大町、上横町の地蔵盆。
今年も、家族みんなでお参りに行ってきました。

まずは、上横町の子安地蔵。

続いて大町。火伏のお地蔵さんだそうです。

最後は仲町。こちらは、延命地蔵です。

各町内では、子供たちにお菓子やジュースを頂いたり、焼きそばやかき氷のおふるまいや、金魚すくいなどで楽しませて頂きました。

お参りを終えたあとは、仲町の「げんき」でパーティーパックをゲットヾ(*´∀`*)ノ
アツアツを買って帰って、美味しいお好み焼きやたこ焼きなどをつまみに、冷えたビール(子供たちはもちろんジュース)で直会となりました。
社務所(あ)


2018年8月1日水曜日

なかむら農園の竹粉卵

今年は、酷暑に加えて台風接近など、厳しい天候に悩まされた祇園祭でしたが、おかげさまを持ちまして無事盛大に斎行できましたこと、改めまして、関係各位、お参りくださいました皆様へこころより御礼申し上げます。

さて、本日から8月。
この辺りでは、8月は「お盆月」と言われ、ご神事は積極的にやらないものだと言う方がごくたまにおられるのですが、恐らく迷信です(笑)。
現に、8月が当たり日となっている地域の神社の祭礼も多くありますし、ご祈祷やご参拝に来られる方も大勢いらっしゃいます。

…ただ、この暑さ!
今日は茂木も予想最高気温が36℃と、外に出るのがためらわれる気温ですね。。。

そんな中、茂木町内の「なかむら農園」さんから「竹粉卵」のご奉納を頂きました。
生産者の中村さんは、茂木町後郷にお住まい。
ご主人は、当社境内で年に2回行われている森と里のつながるマルシェの実行委員として活躍されており、その「マルシェ」でもおなじみの、茂木の有機農家の先駆者的存在でもある「まほろば農園」さんのご指導の下、今年から養鶏を始められたという若き養鶏家です。
「まほろば農園」と同じ配合の、茂木の米ぬかや竹粉などを混ぜ合わせて発酵させた餌を使って、のびのびと育てられた平飼い鶏の卵は、殻もしっかり固く、身ももちろんとても美味しいです。

元気のいっぱい詰まった健康な卵、本日の月次祭のご神前にお供えさせていただきました。
社務所(あ)