注目の投稿

「大祓詞」写詞会のごあんない

 六月晦日と大晦日に行われる大祓式に奏上される祝詞(のりと)「 大祓詞 (おおはらえのことば)」は、私たちが日ごろ知らず知らずのうちに身につけてしまっている罪やケガレを祓い清めるものです。 この「大祓詞」を書き写す 「写詞(しゃし)会」 を行います。 万葉仮名で書かれた大祓詞を書...

2022年12月4日日曜日

「真岡鐡道御朱印めぐり」冬デザイン頒布のおしらせ

 12月4日(日)より、八雲神社「真岡鐡道沿線御朱印めぐり」の御朱印を、新しいデザインにて頒布いたします。

初穂料はこれまでと変わらず、500円(直書き・書置き共)です。



尚、社務所の開所時間は9:00~17:00ですので、御朱印をご希望の場合は、16:00ごろまでにお参りくださいますようご協力をお願いいたします。


また、社務所の都合により、書置きのみの対応とさせていただく場合があります。


予めご了承いただけますよう、何卒宜しくお願い致します。


2022年11月30日水曜日

八雲神社「冬至特別御朱印」頒布のおしらせ(12/3更新)

 八雲神社の冬至の特別御朱印を、12月1日(水)より頒布いたします。


頒布期間は12月1日(木)より25日(日)まで初穂料は500円(直書き・書置き共)です。

冬至にちなんで、茂木町の特産品でもある「ゆず」のスタンプをお入れします。


尚、11月1日より頒布してまいりました八雲神社「カイノキ」の御朱印は、11月30日(水)にて頒布を終了いたします。



※社務所の開所時間は9:00~17:00です。

御朱印をご希望の方は、16時ごろまでにご来社いただけますようお願いいたします。


また、祭典奉仕などの社務所の都合により、お書入れにお時間を頂戴したり、書置きのみにて対応させていただく場合がありますので、予めご了承ください。

※12/3(土)写真を変更しました。



2022年11月9日水曜日

11月13日(日)の御朱印対応について

 11月13日(日)は、七五三昇殿参拝祈祷と在郷の秋季例祭の神務奉仕のため、御朱印の直書き(手書きによる書入れ)ができません

御朱印は、終日、書置きの頒布のみにて対応させていただきますので、予めご了承ください。


なお、当社では、通常は、ほぼすべての御朱印を直書き・書置きとも対応しております。
ただし、新年の歳越~1月7日までと、祭典奉仕等により対応ができない場合のみ、書置きのみの対応とさせていただいております。

何卒ご理解いただけますようお願いいたします。

2022年11月1日火曜日

特別御朱印「カイノキの御朱印」頒布のおしらせ

境内の「カイノキ(楷樹)」の紅葉に合わせ、特別御朱印を頒布いたします。

頒布期間は本日11月1日(火)より、初穂料は500円(直書き・書置き共)です。


八雲神社の大鳥居の左側の手水舎脇と、本殿右後方の菅原神社前に、カイノキ(楷樹、楷の木)があります。


カイノキは、枝や葉が整然と揃っていることから、書道の「楷書」にちなんでその名が付けられたとされています。中国にある孔子の墓所にも植えられていることから、”学問の木”とも言われているそうです。


今年は、10月下旬からの冷え込みが厳しかったせいか、紅葉も昨年より10日ほど早く進んでいるようです。

また、同じ境内でも、大鳥居そばの木に比べ、菅原神社そばの木はまだまだ葉が青々としています。日当たりなどの差もあると思いますが、カイノキには紅葉の色が2種類あり、前者は赤、後者は黄色く色づく木のようですので、そういった違いもあるのかもしれません。

11月下旬まで頒布の予定(終了日は後日、Twitter・Facebookにてお知らせします)ですので、ごゆっくりお参りください。


尚、社務所の開所時間は9:00~17:00です。

御朱印をご希望の方は、16時ごろまでにご来社いただけますようお願いいたします。

また、祭典奉仕などの社務所の都合により、書置きの御朱印のみにて対応させていただく場合がありますので、予めご了承ください。




2022年10月16日日曜日

舞をご奉納いただきました

10月16日(日)、八雲神社にて、古代縄文舞の舞人の皆さんにより奉納舞をご奉仕いただきました。

新恩感謝のご祈祷と共に、八雲神社の神さまへ、そして八百万の神々への感謝として、八雲神社拝殿にて古代縄文舞主催・木村差代子さんと5人の舞人の皆さんで、5つの演目を舞っていただきました。

麻の衣装と髪飾りに身に纏い、真摯に舞を踊る姿を、その場にいらした参列者の皆さんと一緒に感じることができました。ありがとうございます。

お忙しい差代子さんは、今回は新潟県から当社に、そしてこの後は広島県へ行かれるとのこと。

日本全国で、その地での舞人の方々と神さまへ誠心を捧げてくださっています。


今回の舞いも、一期一会の中でご奉仕いただきました。

心より感謝申し上げます。

文責・権禰宜(照)


八雲神社「神嘗祭特別御朱印」頒布のおしらせ

 神嘗祭(かんなめさい)にちなみ、特別御朱印を頒布いたします。

その年に収穫された新穀を最初に天照大御神さまにささげ、御恵みに感謝するお祭りである神嘗祭は、伊勢の神宮において、年間1500回に及ぶ恒例のお祭りの中でも、最も重要なお祭りとされています。

当社でも、八雲神社はじめ管内の神社の氏子にご協力を頂き、ご奉納いただいた新穀の稲穂を社頭に掛ける「懸税(かけちから)」を行っております。


今年は、昨年までのデザインをリニューアルし、稲穂とスズメのスタンプをお捺しします。


頒布期間は、10月17日(月)より、新嘗祭が行われる11月23日(水・祝)までです。

初穂料は500円(直書き・書置き共)です。



尚、10・11月は、秋季例祭や、七五三詣等の昇殿参拝が多い時期となります。

社務所の都合により、通常よりも御朱印の対応にお時間を要したり、状況によっては、書置きのみの対応とさせていただく場合があります。


予めご了承いただけますよう、何卒宜しくお願い致します。

2022年9月25日日曜日

「大祓詞」写詞会 10月以降の日程のおしらせ

「大祓詞(おおはらえのことば)」を書き写す「写詞(しゃし)会」につきまして、10月以降の日程をお知らせいたします。

 日程  10月17日(月)

     11月17日(木)

     12月18日(日)

       9:00~  宮司講話・大祓詞奏上(八雲神社 拝殿)

       9:30~  写詞(八雲神社 参宝殿) ※2時間程度

             ※2回目以降の方は、9:30~からの参加も可です。

 初穂料(写詞) 1,000円

     ※八雲神社節分家内安全講または八雲神社崇敬会に未加盟の方は、

      別途、崇敬会への登録(年会費3,600円、木札授与)をお願いします。

 持ち物   写詞用の筆記具

      (筆や筆ペン推奨ですが、サインペンなどでもOKです。

               ご自身の書きやすいものをご用意下さい。)

 参加方法  準備の都合上、事前にお電話にてお申し込みをお願いいたします。


※尚、詳しいご案内は こちら をご覧ください。


毎月第3日曜日を目安に実施しております「写詞会」ですが、10・11月は日曜以外の曜日での実施となります。

これまで、参加したいけれど日曜日はお出かけが難しい…と断念されていた方は、この機会にぜひご参加をご検討ください。


秋の清々しい空気の中、一文字一文字を集中して書き写していくことで、清々しい心を取り戻してみませんか?

お申込み・お問合せは、八雲神社社務所(電話0285-63-0479)までお願いいたします。

※メールでのお申込みの場合、お返事に時間を要したり、行き違いが生じることがありますので、お電話のご利用をお願いいたします。