注目の投稿

「大祓詞」写詞会のごあんない

 六月晦日と大晦日に行われる大祓式に奏上される祝詞(のりと)「 大祓詞 (おおはらえのことば)」は、私たちが日ごろ知らず知らずのうちに身につけてしまっている罪やケガレを祓い清めるものです。 この「大祓詞」を書き写す 「写詞(しゃし)会」 を行います。 万葉仮名で書かれた大祓詞を書...

2022年12月25日日曜日

令和5年正月の御朱印頒布について

 令和5年正月の御朱印頒布につきましては、下記の通りといたします。(1月3日更新)


八雲神社新春御朱印

干支の「卯(うさぎ)」のスタンプが入った八雲神社の「新春御朱印」です。

頒布期間は元日より1月末日まで初穂料は直書き500円(書置き300円)です。




新春四社めぐり御朱印

八雲神社・御嶽(おんたけ)神社・近津(ちかつ)神社・たばこ神社の計4社分の御朱印と「卯(うさぎ)」のスタンプを見開きにお入れした「新春四社めぐり御朱印」です。

頒布期間は元日より1月末日まで、初穂料は書置き500円(直書きは1月7日以降、800円)です。



【重要】正月の御朱印対応について

◎元日(日・祝)~7日(土)の期間、頒布する御朱印は、上記のほか「真岡鐡道沿線御朱印めぐり」の3種類のみとなります。


元日~7日(土)までは、朱印帳への直書きは「八雲神社新春御朱印」のみとし、ほかの2種は書置きのみとなります。


◎大みそか夜の御朱印頒布はありません。


元日から当面の間、書置きの御朱印は印刷となります

 何卒ご理解いただけますようお願いいたします。


◎8日(日)以降は、上記の3種類の御朱印の直書き対応のほか、通常版、御縁日御朱印など、通常の頒布対応に戻りますが、1月上旬は、土日や平日を問わず、企業等の団体や、個人の御祈祷が大変多い時期となります。

混雑時や祭典奉仕など、状況によっては長時間お待ちいただいたり、書置きのみの対応とさせて頂く場合がありますので、ご理解をお願いいたします。


新春特別御朱印は、1月末日まで頒布しております。

混雑を避け、どうぞごゆっくりとお参りください。


※感染症対策のためお出かけを控えておられる方、都合により参拝が難しい方のため、郵送での御祈祷、御札・授与品・御朱印の頒布を受け付けております。

御朱印の郵送頒布についてはこちらをご覧ください。

御祈祷や御札などについては、お電話にてご相談ください。

(メールでのご相談・お申し込みは、お返事にお時間を頂戴する場合がありますのでご了承ください。)


0 件のコメント: