注目の投稿

新型コロナウイルス感染拡大に伴う今後の対応について(9月12日更新)

新型コロナウイルスの感染拡大、ならびに栃木県への緊急事態宣言発出に伴い、8月20日(金)より当面の期間、当社務所におきましては、一般の参拝客のみなさまに対しまして次のような対応をいたします。 ※9月13日(月)より、一部内容を変更いたします。 (1)通年お受けいただくことのできる...

2022年5月22日日曜日

「大祓詞写詞会」を開催しました(5/22)

5月22日(日)、第2回の大祓詞(おおはらえのことば)写詞会を開催しました。

今回は6名が参加、うち3名は前回もご参加された方でした。


前回同様、初めてご参加された方には、まず宮司による講話の受講と、拝殿にて全員で大祓詞の奏上を体験していただきました。 

その後、2回目以降の参加者も加わって、写詞を行いました。


約2時間の写詞に取り組んでいただいた後、希望者の方には、実際に拝殿にて一人での奏上に挑戦していただきました。


参加された皆さんの感想を一部ご紹介いたします。


 ・静かで自然に恵まれている環境で、有意義な時間が持てました。

  ありがとうございます。大祓詞の意味をもっと勉強してみたい。


 ・以前に他県の神社で、日供祭(にっくさい)や月次祭(つきなみさい)、例祭に参列した事

  がありますが、今回のような機会に参加して本当によかったです。

  継続的に参加し、手順等を覚え、参拝した際には、大祓詞奏上を下手なりに行い、最終

  的に誦じてできるようにしたいです。


 ・2回目の参加です。写詞の間、だいぶ落ち着いて書き写すことができました。

  大祓詞の奏上は身が引き締まるようです。

  「心に良し、魂に良し、身体に良し」という感じがします。


初参加の際には余裕がなく、要領もつかみにくかった方でも、2回目以降は、写詞のコツや、奏上の際に気を付けるポイントなど、少しずつ新しい発見や学びもあったようです。


2回目以降の方は、冒頭30分の講話・講習は受講せずに、写詞からご参加いただけるほか、参拝の際に、お一人での昇殿・ご神前での大祓詞奏上が可能です。

次回は6月19日(日)、以降は7月17日(日)、8月21日(日)、9月18日(日)に開催予定です。

詳しい内容や参加方法、問合せ・申込みについてはこちら「大祓詞写詞会のごあんない」をご覧ください。






0 件のコメント: