2019年3月4日月曜日

「細川興元公没後四〇〇年記念事業」のご案内

八雲神社に配神として祀られる尚武の神「大光霊神(たいこうれいじん)」は、江戸期茂木藩祖・細川興元(ほそかわ・おきもと)の御霊(みたま)です。

興元は、細川幽斉(藤孝)の次男、後の熊本藩祖・細川忠興の弟として生を受けました。徳川家康に見いだされ、関ケ原の戦いでの軍功を称えられた興元は、1610年、下野国茂木領に赴任し、茂木藩を立藩。後に、常陸国谷田部領を加増され、谷田部藩藩主となりました。

本年、興元公の没後400年を迎えるにあたり、下記の通り記念事業を行い、その威徳を忍び顕彰いたします。

【 細川興元公没後四〇〇年祭 】
 祭典
 平成31年3月18日(月)午前11時(於・八雲神社)
※神社関係者により行われます。
  ※神社での神事に先立ち、能持院(茂木町塩田)にて四百年法要が行われます。
  ※一般参拝者は18日~31日に記帳受付、「細川興元公伝」を配布いたします。

 特別昇殿参拝
 平成31年3月16日(土)~31日(日)の土・日・祝日 午前10時~午後4時
   記帳所を設け、夕拝時に芳名奏上いたします。
   御札・御守・御朱印等をお受けになった方に、特別昇殿参拝をご案内し、
   撤下饌米菓(先着400袋)を授与いたします。

【 関連行事 】
 熊本藩・茂木藩・谷田部藩剣士交流 茂木町剣道教室
 平成31年3月16日(土)午後1時30分(於・茂木中学校体育館)
   茂木町主催のスポーツ教室です。   
   細川本家・熊本出身の剣道師範・田原弘徳氏(範士八段)をはじめ、
   平尾泰氏(教士八段)、内村良一氏(教士七段)と、谷田部剣友会を
   お招きします。

 記念講演会「茂木・谷田部藩の武術」
 平成31年3月17日(日)午前11時(於・八雲神社参宝殿)
   全国の武術関係文書を研究する小野崎紀男氏をお招きし、茂木・谷田部藩
   の武術関係文書研究の一部を分かり易くご説明いただきます。
   八雲神社には剣術・馬術・弓術・槍術の古文書が保存されています。


本事業に関するお問い合わせは、八雲神社社務所(電話 0285-63-0479)へお願いいたします。

0 件のコメント: