2020年4月3日金曜日

令和2年 祈年祭

当社恒例の例祭・祈年祭が、本日斎行されました。

本年は、新型コロナウィルスの感染拡大防止の為、参列者を氏子総代会役員と、各町内の代表総代、当番町行司長のみに絞り、マスク着用、通常よりも席の間隔を広くとって、拝殿の扉もすべて解放したうえでの実施といたしました。



祈年祭の日と、ソメイヨシノの満開とが重なることは、毎年あるわけではありませんし、できることなら皆さんとお花見をしながら和やかに直会ができればよかったのですが、残念ながら、御札とともに持ち帰り用のお弁当と御神酒をお配りしてお開きとなりました。

祭典では、「感染症流行鎮静祈願祭」も併せてご奉仕いたしました。
八雲神社の主祭神・スサノオノミコトさまは、疫病除の御力の強い神さまとして知られております。
氏子・崇敬者のみなさまにも、神棚に手を合わせていただくと共に、ご自分や、大切な方たちの命を守るために、私たちにできることをしっかりと行っていきましょう。
社務所(あ)

2020年4月2日木曜日

茂木八雲神社公式Twitterをはじめました

新年度にあたり、茂木八雲神社公式Twitterをはじめました。
主に宮司がつぶやきを担当いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

茂木八雲神社【公式】Twitter

社務所(あ)

ソメイヨシノは満開です

本日の境内の様子です。

 ソメイヨシノはほぼ満開、枝垂桜もかなり咲きそろってきました。
 ぜひお花見にお越しください!

…と、例年なら言いたいところなのですが、今年は新型コロナウィルスの感染拡大がいよいよ深刻な状況になりつつあり、不要不急の外出や、人の移動は、極力控えるべき事態となっています。

今朝のニュースでも、シンガポールの研究グループが、新型コロナウイルスに感染した人が、熱やせきなどの症状が出る前でもほかの人にウイルスを広げてしまうことを裏付ける研究を発表したと報じており、「集会や人混みを避け、自宅にとどまって人との距離を取る一人一人の取り組みが感染対策として重要」だとしています。

「感染しない」ための対策はもちろん大切ですが、私たち一人一人が「自分は無症状のウィルスキャリアかもしれない」という認識を持ち、「感染させない」ための行動を意識することも必要かもしれません。

今年のお花見は、できるだけ移動を伴わない近所で、人と接触しにくい時間と場所で、または、ネットで公開されている各地の桜の写真で楽しんでみてはいかかでしょうか?(*´∀`*)
素人の撮影ですが、こまめに写真をアップしていきたいと思いますので、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

社務所(あ)

2020年3月30日月曜日

八分咲きです

本日の境内の様子です。

ソメイヨシノは8分咲きといったところでしょうか。

駐車場側の枝垂桜も咲き始めました。

 本日は曇り空、すこし肌寒いですが、昨日の雪はほとんど消えています。


当社では、恒例の祈年祭を4月3日に予定しておりますが、昨今の新型コロナウィルス感染拡大状況に鑑み、氏子総代会の役員・各町内代表総代のみの参列にて斎行し、会食を伴う直会も行わないことといたしました。
当日は、併せて「感染症流行鎮静祈願祭」も斎行いたします。


新型コロナウィルスは、感染から発症までの潜伏期間が2週間程度あるといわれています。
いまの行動の結果がでるのは、半月後です。

ひとりひとりが、感染しない・させない心がけを忘れずに過ごしてまいりましょう。

社務所(あ)



2020年3月29日日曜日

雪模様

みぞれか雪か…という予報のようでしたので、どうかな、と心配しておりましたが、しっかりと降っております。
屋根や、満開近かったソメイヨシノは、真っ白になりました。

先ほどお参りに来られた方によると、宇都宮辺りは雨だったそうですが、茂木はこの通り、朝からずっと雪が降り続けています。
車道はいまのところ積もってはいないようですが、このまま気温が上がらず、今夜から明日朝にかけて冷え込んだ場合、路面凍結の可能性もあるかもしれませんので、お出かけをご予定の方はくれぐれもご注意ください。
社務所(あ)

2020年3月27日金曜日

五分咲きです

境内のソメイヨシノの様子です。(3月26日夕方撮影)

五分咲きといったところでしょうか。

今年は、大勢での宴会を伴うお花見はできませんが、この機会に、散策がてら、ご近所の桜を愛でてみてはいかがでしょうか?

社務所(あ)

2020年3月20日金曜日

八雲神社・たばこ神社「桜の御朱印」頒布のお知らせ

本日午後、八雲神社境内のソメイヨシノが数輪開花しているのを確認いたしましたので、明日3月21日(土)より、八雲神社「桜の御朱印」を頒布いたします

併せて、城山鎮座・たばこ神社の「桜の御朱印」も頒布いたします
頒布期間は、八雲神社につきましては、八雲神社境内の桜(ソメイヨシノ、枝垂桜)の開花中、たばこ神社につきましては、城山の桜(ソメイヨシノ、山桜、八重桜など)の開花中といたします。

初穂料は、いずれも500円(書置きは300円)です。

混雑時や祭典奉仕中などの際には、直書きに多少お時間をいただく場合があります。
また、社務所の都合により書置きのみの対応とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。

尚、社務所の開所時間は、通常、午前9時~午後5時となっております。
御朱印の直書きをご希望の場合は、遅くとも午後4時半ごろまでにご来社いただけますよう、ご理解・ご協力をお願いいたします。


新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社でも、こまめな手洗いの励行、マスクの着用など、極力配慮をいたしておりますが、不特定・広範囲の地域より人の出入りが日常的にあるという神社の特性上、ご参拝のみなさまにも、体調不良の場合は参拝を控えることはもちろん、手洗い咳エチケットなどのご配慮を頂けますよう、ご協力をお願い申し上げます。

社務所(あ)

2020年3月17日火曜日

第4回「ツール・ド・とちぎ」中止のおしらせ

昨日、第4回「ツール・ド・とちぎ」の中止が発表されました。
これに伴い、3月22日(日)の交通規制もなくなりますので、おしらせいたします。

詳しくは、「ツール・ド・とちぎ」HPの「お知らせ」をご覧ください。

(3月7日付「3月22日(日)の交通規制について」のブログ記事は、削除いたしましたのでご了承ください。)

社務所(あ)



2020年3月15日日曜日

3月29日(日)の交通規制について

3月29日(日)、「東京2020オリンピック聖火リレー」開催に伴い、周辺道路の交通規制が行われます。

八雲神社前の道路(県道27号線)の規制はありませんが、宇都宮方面からお越しの方は、全面車両通行止めとなる区間が一部ございますので、くれぐれもご注意ください。

規制区間、時間など、詳細につきましては、下記をご参照ください。
(「町報もてぎ3月号」から転載させていただいています。)

社務所(あ)

2020年3月10日火曜日

もうすぐ春ですね

先日、地元の保育園児のみなさんがお参りに来てくださいました。

地域の保育園・幼稚園児のみなさんがお散歩の途中に立ち寄ってくださるのは、さほど珍しいことではないのですが、この日は、年長児さんが、小学校入学を前に、お巡りさんや指導員さんから交通指導を受けながらのお散歩でした。

自信満々にはりきって歩いている子、心細げに先生に寄り添っている子、様々でしたが、日ごろ子どもたちを見守っていらっしゃるベテラン指導員さんは、
「みんな、一年生になると、不思議としっかりしてくるものですよ」
と仰っていました。


今年は残念ながら、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、卒園式を簡略化したりお祝いの会を中止にしたりする園も多いかもしれません。

それでも、待ち遠しい入学式は、春の訪れとともにもうすぐやってきますね。

自粛ムードはすこし寂しいですが、これもいつかは忘れられない良い思い出になるはず。いまは皆さんで、元気に乗り越えていきましょう!


社務所(あ)






2020年3月1日日曜日

ぴあMOOK「乗って楽しむ観光列車の旅 東日本版」掲載のおしらせ

2月29日発売の、ぴあMOOK『乗って楽しむ 観光列車の旅 東日本版』に、八雲神社の情報を掲載していただきました。
近年、幅広い層から注目を集める、人気の「観光列車」の旅をたっぷりと特集したムックです。
巻頭特集は、鉄道ファンとして知られる豊岡真澄さんとゆく、憧れの「THE ROYAL EXPRESS」の旅です。

八雲神社は、「気軽に乗れるローカル観光列車」の特集の中で、茨城県筑西市の下館駅から栃木県茂木町の茂木駅までを結ぶ真岡鐡道の沿線お楽しみスポットのひとつとして取り上げていただいています。

桜や菜の花に囲まれた路線をのんびり進む真岡鐡道と、その沿線の魅力がたくさん紹介されたページとなっています。

新型コロナウィルスの影響により、外出を控えておられる方も多いかと思います。
そんなときは、こんな本を眺めながら、少し先の季節の旅の計画に思いを巡らせるのも楽しいかもしれません。
ぜひ、お手に取ってご覧ください。

社務所(あ)

2020年2月29日土曜日

「大光霊神特別御朱印」頒布のおしらせ

明日3月1日(日)より、大光霊神(江戸期茂木藩祖・細川興元公御霊)の特別御朱印を頒布いたします。
頒布期間は3月1日(日)より31日(火)まで、初穂料は1,000円(書置きは700円)です。

直書きにはお時間を要しますので、混雑時は多少お待ちいただく場合がございます。余裕を持ってお参りください。
また、社務所は午後5時までとなりますので、御朱印の頒布をご希望の方は、4時30分ごろまでにご来社いただけますようお願いいたします。



尚、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、大規模イベントの自粛や、学校の休校などの要請が政府から出されているのは皆さまご周知のことと思います。

当社の鎮座地は、喧騒とは程遠い長閑な里山ではありますが、日本国内はもとより、世界中からの人や物の流れが日常的にある現代、田舎もだからといって安全とは決して言いきれません。
ましてや、神社は、不特定の広い地域からの、不特定多数の人の出入りがある場所です。
職員も、こまめな手洗いの励行、マスクの着用などに努めてはおりますが、ご参拝の皆さまにも、是非、感染しない・感染を広げないための対策をおとりいただければと思います。

おかげさまで、限定御朱印を楽しみにお参りをご予定くださっている方もいらっしゃるかと思いますが、神社も御朱印も逃げませんので、くれぐれも安全最優先の行動をお願いいたします。

社務所(あ)




2020年2月18日火曜日

本日、大光霊神ご縁日です

本日18日は、大光霊神(江戸期茂木藩祖・細川興元公御霊)の御縁日につき、特別御朱印を頒布しております。
初穂料は1,000円(書置きは700円)です。

昨日より頒布しております、天皇誕生日限定の御朱印と合わせまして、本日は2種類の限定御朱印をお受けいただくことができます。

社務所は午後5時までとなりますので、御朱印の頒布をご希望の方は、4時30分ごろまでにご来社いただけますようお願いいたします。



さて、先月から放送が始まりました、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』、ご覧になっていますでしょうか?

一昨日放送の第5話では、のちに明智十兵衛(光秀)の盟友となる細川藤孝が登場しました!

本能寺の門前での出会いのシーンでは、互いに刀を抜いて一触即発の場面が描かれていましたが、双方が使う「鹿島の太刀(鹿島新當流)」もとても興味深く、印象深かったです(*´∀`*)

細川藤孝(幽斉)は、大光霊神こと細川興元公の父にあたる人物です。
兄である細川忠興に比べ、次男の興元は歴史的にはほぼ無名の存在ではありますが、大変武勇に優れた人物で、光秀の娘であり忠興の妻となるお玉(ガラシャ)のよき理解者でもあり、ガラシャの影響を受けてキリスト教の洗礼を受けた「キリシタン大名」であったと言われています。

ドラマで描かれるであろう時代とはひと世代違いますので、嫡男の忠興はともかく、興元公が登場する望みは薄いかもしれませんが、ゆかりのある人物が多数登場する物語はとても興味深く、楽しみに拝見しています。

八雲神社社務所(参宝殿)には、御朱印のデザインにも取り入れた、興元公が織田信長より拝領したとされる甲冑が常設展示されています。
どなたでも無料でご覧いただけますので、ご希望の方は、ご来社の際に職員にお声をおかけください。

社務所(あ)

2020年2月14日金曜日

たばこ神社「ロウバイの御朱印」頒布終了のおしらせ

元日より頒布してまいりました、茂木町城山鎮座のたばこ神社の「ロウバイの御朱印」は、ロウバイの花がそろそろ終わりを迎えているため、2月16日(日)を持ちまして頒布を終了いたします。
また来年、ロウバイの花の咲く頃の頒布をお楽しみにお待ちください。

尚、2月17日(月)より八雲神社「天皇誕生日限定御朱印」の頒布を行います。
こちらは、2月23日(日・祝)の天皇誕生日までの頒布となりますので、何卒宜しくお願い致します。

社務所(あ)

2020年2月10日月曜日

天皇誕生日限定御朱印頒布のおしらせ

2月23日の天皇誕生日をお祝いし、特別御朱印を頒布いたします。
朱墨の「奉祝 天長節」の文字のほか、天皇陛下の「お印」である梓(あずさ)をモチーフにしたスタンプをお入れします。

頒布期間は、2月17日(月)より2月23日(日)までです。
初穂料は500円(書置きは300円)となります。


尚、祭典奉仕など社務所の状況によっては、書置きのみの対応とさせていただく場合がありますので予めご了承ください。
また、御朱印は、郵送のみでの頒布は対応いたしておりません。
必ずご来社のうえご参拝なされてから社務所にてお申し込みください。
御朱印の受け付けは、午前9時~午後4時となります。

社務所(あ)

2020年2月5日水曜日

節分祭「家内安全講祈願祭」ならびに「節分講社祭」が行われました

2月3日(月)、当社恒例の節分祭追儺式「家内安全講祈願祭」ならびに「節分講社祭」が行われました。


まずは、午前中、八雲神社ほか茂木町内の関係神社の氏子総代・世話人各位参列の下、家内安全講祈願祭が行われました。

 このご神事の際に頒布される家内安全の御札は、昔から「年越しの御札」と呼ばれて親しまれており、地域の多くの氏子さんにお受けいただいております。


午後からは、山形修治栃木県議会議員を講長とし、古口達也茂木町長をはじめとする茂木町内外の事業所の首長様を中心に構成される「八雲神社節分講社」の祈願祭が行われました。
来賓として、古口町長、山形県議、大越和也八雲神社氏子総代会会長、半田和男茂木町議会議長、山口誠一茂木警察署長、阿部武史前茂木町長ほかのみなさまにもご臨席いただきました。

 ご神事に続き、記念撮影を行った後は、いよいよお待ちかねの福撒きです。

福豆や、駄菓子、カップ麺、ゴムボールなどのほか、講員有志のみなさまからご提供いただきました「福」も撒かれました。
今年は、源太楼さまより「ゆず大福」、大兼製麺工場さまより「鍋焼きうどん」、野州たかむらさまより「べっこう飴」、市原典礼さまより「べっこう飴」、もてぎプラザ(道の駅もてぎ)様より「お菓子」と「キャラクター雑貨」、栃木銀行茂木支店様より「お菓子」、烏山信用金庫茂木支店さまより「非常用持出袋」、茂木のたまごさまより「たまご」、小金屋商店さまより「プリン」、足利銀行茂木支店様より「お菓子」、八雲神社節分講社より「お米(とちぎの星)」が提供され、大いに盛り上がりました。
(「福」は、実物を撒けないものについては、引換券を撒きました。)

 みなさん、持参した箱やカゴ、袋などに、たくさんの「福」を持ち帰って頂けたようです。

福撒きの後は、参宝殿にて節分講社の総会ならびに直会が行われました。
ちなみに、直会のお料理は、毎年、節分講社の講員でもある地元の割烹料理店「若葉」さんに準備していただいています。
講員のみなさまには、大いにお楽しみいただき、また講員相互の親交も大いに深めて頂けたようです。

暦は立春を迎え、新暦でも、古例暦でも新しい年を迎えました。
令和となって初めての年越し。
新しい年が、皆さまにとりましてより良い年になりますよう、心よりご祈念申し上げます。

社務所(あ)

2020年2月2日日曜日

厄年年男厄除祈願祭・豆撒き

2月3日の節分に先立ち、厄年年男厄除祈願祭が行われました。

今年、大厄の数え42歳を迎える皆さんが、茂木、須藤、中川の各出身中学校ごとに有志を募り、来賓に古口達也茂木町長、大越和也八雲神社氏子総代会長、山形修治栃木県議会議員をお迎えして、厄除祈願を行いました。

祭典中、境内には、老若男女のみなさんが続々と集まり、豆撒きを今か今かと待っています。。。

記念写真の撮影が終わると、いよいよ豆撒きです。
「鬼は外! 福は内!」の掛け声とともに、福豆、撒き銭、餅、お菓子、インスタント麺、ゴムボールなどが撒かれ、境内は大興奮です。



 最後は三本締めで、無事全てのご神事を終了することができました。

チビッコたちに、自慢の成果を見せてもらいました。沢山もらえたね!


年齢的には、小さなお子さんをお持ちの年男のみなさんも多かったかと思いますが、残念ながら、厄年年男のご家族は豆撒きの撒き物を拾ってはいけない、と言われています。
それは、撒き物をたくさん撒くことによって、厄年でない人々に、御祈祷で祓った「厄」を少しずつ持ち帰ってもらおう、という意味合いがあるそうで、これを年男のご家族が拾ってしまうと、せっかく祓った「厄」をまた持ち帰ってしまうことになるから、だそうです。

楽しみにしていた豆撒きを、今年はガマンしたチビッコもいたかもしれませんが、お父さんの一生に一度の大厄の豆撒きですから、仕方がありませんね。
また来年、是非たくさん拾いに来てくださいね。

社務所(あ)







2020年1月30日木曜日

城山の雲海と、たばこ神社「ロウバイの御朱印」のおしらせ

今朝の城山からの眺めです。

「今日は見られるかも!」
と出かけて行った宮司が、朝7時ごろに撮影した雲海です。

茂木の雲海スポットといえば、九石の鎌倉山がよく知られていますが、
中心市街地の中にある城山でも、こんなに綺麗な雲海が見られるんですよ。


そんな城山の山頂近くに鎮座する「たばこ神社」の周辺では、年末から咲き始めたロウバイの花がまだまだ見ごろです。

今日のロウバイの様子はこちら。
まずは、たばこ神社にお参りしてから、御社殿の左側から遊歩道を上ります。



ロウバイのお花自体は、小さくて控えめなのですが、これだけたくさん咲いているとさすがに圧巻です。爽やかな香りも清々しいです。

元日から頒布してまいりました新春の特別御朱印は、明日にて終了となりますが、城山のロウバイの開花中は、たばこ神社の御朱印にロウバイのスタンプをお入れして頒布いたしますので、ぜひお花見がてらお参りください。

社務所(あ)