2019年2月9日土曜日

節分家内安全祈願祭・節分講社祭が行われました

去る2月3日(日)、当社恒例の節分祭追儺式・家内安全祈願祭が斎行されました。


午前10時より、八雲神社ほか、関係神社の氏子総代・世話人のみなさまにご参列頂き、家内安全の祈願を行いました。



祭典終了後、世話人の皆さまを通じて、氏子崇敬者の皆様に御札をお配りいただきました。

また、午後1時30分より、茂木町内外の事業所の代表の皆様を中心にご加盟頂いております、八雲神社節分講社(講長・山形修治栃木県議会議員)の祭典が行われました。
祭典には、講員の皆さまのほか、古口達也茂木町長、大越和也八雲神社氏子総代会会長、小泉一男茂木町議会議長、千葉正明茂木警察署長、大塚康行茂木町商工会長、阿部武史前茂木町長ほか、多数の来賓にもご臨席いただきました。

 祭典終了後の記念撮影の後は、いよいよお待ちかねの福撒きです。

 福撒きでは、金豆入りの福豆や、駄菓子やおもちゃのほか、講員有志のみなさまよりご提供いただきました「福」も撒かれました。
 本年は、源太楼さまより「ゆず大福(引換券)」、市原典礼さまより「べっこう飴」、大兼製麺工場さまより「ゆず塩らぁめん(引換券)」、野州たかむらさまより「べっこう飴」、もてぎプラザさまより「お菓子・雑貨」、栃木銀行茂木支店さまより「お菓子」、烏山信用金庫茂木支店さまより「非常用持出袋(引換券)」、塚本商会さまより「はとむぎ茶(引換券)」、茂木のたまごさまより「たまご(引換券)」、小金屋商店さまより「ヨーグルト(引換券)」、足利銀行茂木支店さまよりお菓子をご提供いただきました。
 有難うございました。
 福撒きの後は、総会ならびに直会を行い、講員のみなさま同士の親交を深めていただきました。

 おかげさまを持ちまして、本年も無事厳粛かつ盛大に、全ての節分行事を行うことができました。
 古例暦では、節分は一年の終わり、立春は一年の始まりの日とされています。本年も、皆さまにとりまして佳き一年になりますよう、職員一同心よりご祈念申し上げます。

社務所(あ)


0 件のコメント: