2017年6月29日木曜日

茅の輪の奉製

 今年も、八雲神社の「夏越祭大祓式『茅の輪くぐり』」の準備をすすめております。
 当社の茅の輪くぐりは、毎年、大変多くの地域の皆さまにご参拝いただいており、また、参道に並ぶ栃木県街商組合の皆さまの出店を楽しみにされている方々も多いことと思います。
 また、茂木町商工会の皆さまも、この日に合わせ、神社から徒歩1分程のところにある六歳公園にて「あさがおほおずき市」を催されております。
 二つの行事が相まって、夏の訪れを告げるお祭りとして、賑やかに行われます。

 全国各地の神社にてこの時期に行われている「茅の輪くぐり」は、そもそも、当社主祭神・素盞嗚命さまに由来する行事です。皆さまにおかれましては、是非とも当社にお参りいただき、半年分の罪穢れを禊ぎ祓いして、来るべき夏を元気に乗り切っていただきたいものです。

 6月27・28日にかけて、茅の輪の奉製を致しましたので、その様子をアップ致します。








 茅は、「ツインリンクもてぎ」の敷地から刈り取らせていただいております。
 今年は、着用した長袖作業着が薄手だったためか、茅の小さな棘に「チクチク」と刺されながら刈り取りをしてまいりました。これだけ刺されれば、私自身は充分に禊ぎが出来たのではないかと思いますので、皆さまは安心してご参拝下さい(笑)。
 7月7日(金)までは茅の輪をかけておりますので、当日おいでになれない方もぜひこの機会にお参りいただければと思います。
 皆さまのご参拝をお待ち致しております。
宮司

0 件のコメント: