2013年12月28日土曜日

お・も・ち・つ・き

…お餅つき (-∧-)合掌

というわけで、本日12月28日は、八雲神社年末恒例のお餅つきの日です。

年神様にお供えする鏡餅と、お正月に頂くのし餅、それから餅花のためのお餅をつきます。


晴天と引き換えに、厳しい冷え込みとなった朝早くから、職員、巫女さん、作業奉仕者の皆さんにお集まり頂き、ふかした餅米を、昔ながらの臼と杵でついていきます。

















その一方で、竹の枝に、小さくちぎった紅白のお餅を巻き付けて、「餅花」を作ります。


お餅がつきたてのうちは温かくてまだいいのですが、次第にお餅が冷えてくると、指先が凍えて結構ツライものがあります (´-`;)







さらに一方では、鏡餅とのし餅作り。


冷たく乾いた風でお餅がどんどん冷めてしまうので、これも手早く作業しないといけませんが、
宮司母や権禰宜、お手伝いの皆さんが手際よく進めています。
(…と、その様子の写真を撮っているヨメの私(´-`;))




半分くらいついたところで、お待ちかねの休憩タイムです。

つきたてのお餅を、おしるこ、きなこ、チョコ、イチゴ、海苔と醤油でいただきます。









今日はとにかく風が冷たくて寒かったので、温かいおしるこが人気でした。

差し入れでいただいた茂木産のイチゴをチョイ足しして、イチゴ大福風にしたものがヒット。

1キロのこしあんを使って作ったあんが、あっという間に売り切れました。。。













こちらは、前半戦でできた餅花。


とても華やかです~。

















腹ごしらえができたところで、後半戦。



力強くお餅をついて頂いています!














巫女さんも頑張れ~!




















奥様パワー全開~!



















子供だって頑張るぞ~!











お陰さまで、無事、作業を終えることが出来ました。

みなさま、大変お疲れ様でございました!



華やかな餅花で彩られた八雲神社に、どうぞ初詣においで下さい。



社務所(あ)

0 件のコメント: